ヘアカラー用語集 of ヘアカラー専門店inori/いのり[茨城県土浦市荒川沖]-美容室詳細情報-

ヘアカラー専門店inori/いのり[茨城県土浦市荒川沖店]-美容室詳細情報-

・トーンアップ
髪の色を明るくすること。リフトアップともいう。

・トーンダウン
髪の色を暗くすること。

・リタッチカラー(根元染め)
新生毛部分(新しく生えてきた部分)を染めて既染毛部分(すでに染めている部分)との色の差を補正すること。

・ワンタッチカラー
根元、中間、毛先を同じ色のカラー剤で髪の毛全体を均一に染めること。

・ツータッチカラー
新生毛部分(新しく生えてきた部分)と既染毛部分(すでに染めている部分)をそれぞれ違ったカラー剤を使って同じ色に仕上げること。

・ダブルカラー
1度ブリーチをして14レベル以上に明るくしてから色味を入れていくこと。ミルクティー色はこの方法を使わないと色味が出せません。

・ブリーチ(脱色)
髪の毛を染めるのではなく脱色すること。髪の内部のメラニン色素を分解。髪の毛が明るくなりヴィヴィッドな色を入れる前処理としても使われます。

・プライミングカラー
補色を使って求める色味を出すテクニック。アンダーカラー(髪の内部に残っている色味)の反対色(無彩色)を補充して希望の色味を出す。当店はこの方法を使用してカラーリングしています。

・アクセントカラー
装いにポイントを利かせる為、配色上用いる強調色のこと。

・アルカリカラー
PHが9~11とPH値が高いカラー剤。髪の色素を抜きながら染料を入れることができ、色数も豊富で長持ちする。1~2ヶ月経つと染料が落ち、明るさだけが残ります。

・オーガニックカラー
90%が有機栽培(無農薬)天然植物成分で、10%がケミカル成分です。なので従来よりも肌や髪の毛に優しく、カラー剤の刺激に悩まされている方でもかなり低刺激でカラーが出来ます。黒髪も明るくすることが出来ますし、色味も豊富です。当店はこのカラー剤を使用しております。

・ヘナカラー
インドやパキスタン産の植物を粉体にした100%天然成分で古くから天然の発色効果があると注目されている。天然のため色のりもうっすらした感じになる。白髪にしか反応しない。

・アッシュ系カラー
カラーリングの色の色調で灰色系の色味を持ったグレーかかったブラウン系のヘアカラー。髪の赤味と黄味をブルーで抑え、くすんだような色味が出る。

・ウォーム系カラー
カラーリングの色の色調で温かい印象のカラー。赤茶色。当店では主に明暗コントロールに使うことが多い。

・ナチュラル系カラー
カラーリングの色の色調で少しグリーンが入った茶色のヘアカラー。日本人特有の赤味を打ち消しながら自然な茶色となる。当店では主に明暗コントロールに使うことが多い。

・マット系カラー
カラーリングの色の色調でグリーンの色味を持ったヘアカラー。寒色系の色調。日本人特有の赤味を抑え、クールなイメージに。アッシュ系カラーと同様、くすんだような色味が出る。

・カッパー系カラー
カラーリングの色の色調でオレンジの色味を持ったヘアカラー。暖色系の色調で、日本人の黒髪は脱色すると赤味を帯びた黄色味になることが多いので綺麗に発色しやすく、褪色しにくいのが特徴。

・クール系カラー
暗めのカラーリングのこと。

・ペールカラー
明度が高く、彩度が低い色。淡色。

・明度
色の明るさの度合いで、白に近づくほど明度が高く、黒に近づくほど明度が低いとされている。

・彩度
色の鮮やかさの度合い。

・褪色
1度入れたカラーが時間の経過とともに色落ちして変色した状態。

・発色
色を出すこと。

・レベル(トーン)
メラニン色素が脱色されていく時の髪の透光率を目安にした髪の明るさを示す単位。日本人の標準的な髪の明るさのレベルは4~5レベル。数字が低いほど暗くなる。トーンという場合もある。

・アンダーレベル
カラーリングする前の髪の明度。

・ピグメント
髪の持つ色素のこと。

・カラーチャート
カラーサンプル(色見本)のこと。

・オキシ(OX・デベロッパー)
オキシドール(過酸化水素水)の略語。主に2剤と呼ばれ、無色透明の液体で脱色効果がある。

・メラニン
髪色を決定する色素。

・キューティクル
毛髪の外側を覆うウロコ状の部分。5%の硫黄を含んだタンパク質で出来ている。外的な刺激から髪を守り、内部のタンパク質を保護する。日本人のキューティクルは平均的では、3~4枚とされている。

・間充物質(マトリックス)
ケラチンタンパク質で形成され、適度な水分を保ちながら皮脂細胞をつなぎとめ、毛髪内部の隙間を埋めているもの。

・メデュラ(毛髄質)
髪の中心部。メラニン色素がタンパク質と結合したメラニン顆粒が存在する。

・コルテックス
毛髪の主成分で水分を多く含む。その為薬品の影響を受けやすくダメージも受けやすい。